恋する韓流ドラマ

ネタバレ無しで韓国ドラマ・映画のオススメ話題作を紹介!

【mine】イ・ボヨンからバトンを渡され夫チソン主演【悪魔判事】がスタート

6月27日に最終回を迎えた【Mine(マイン)】。
最終回の視聴率は全国平均10.5%を記録し、同時間帯1位を達成しました。

Mine(マイン)】では元トップ女優でヒョウォン家の次男の嫁ソ・ヒス役を演じたイ・ボヨン
華麗な姿と演技は、正に財閥家の嫁と好評を集めました。

そして、【Mine(マイン)】が放送されていた韓国テレビチャンネルtnVの土日ドラマ枠で、7月3日に放送スタートしたのはチソン主演の【悪魔判事】。

チソンとイ・ボヨンの二人は夫婦。
妻から夫へバトンが受け渡された形です。

チソン、イ・ボヨン夫妻

【mine】イ・ボヨンと【悪魔判事】チソン夫婦の馴れ初めは?

チソン、イ・ボヨン夫婦の馴れ初め

チソンとイ・ボヨンは、2004年のドラマ【ラストダンスは私と一緒に】で共演しました。
このドラマはチソンとS.E.Sのユジンが主演のドラマ。
当時、チソンが27歳、イ・ボヨンが25歳。

女優として経験の浅いボヨンにとっては、主役を務めるチソンは先輩俳優。
しかし、この時からチソンはボヨンを気に入っていたようです。

そして、2005年から2007年にチソンは兵役に就きます。
この兵役中の貴重な休暇に、ボヨンを食事に誘ったそうです。
ボヨンは、わざわざ私を誘うなんて他に友達いないのかしら?
と思ったとか…。
チソンのアプローチも虚しく、女優業に専念したいとボヨンは交際を断り続けていたそうです。

しかし、一途なチソンの想いが遂に勝り、2008年車中デートがスクープされ二人は交際を認めました。

そして2013年9月、結婚式が執り行われ二人は夫婦となりました。

チソン、イ・ボヨン夫妻

2015年6月長女ジユちゃんを出産。
2019年2月長男(名前不明)を出産。

家事育児に協力的で愛妻家のチソン。
韓国ではオシドリ夫婦で有名な二人です。

チソンと子供

新型コロナウイルスの影響によりオンライン生中継で行われた【悪魔判事】の制作発表会。
イベントにはチェ・ジョンギュ監督、出演者のチソン、キム・ミンジョン、ジニョン、パク・ギュヨンが参加しました。
ここでチソンは以下のようにコメントしています。

(仕事中は)2人のうち1人が育児をしているが、今回は夫婦そろって撮影時期が同じだった。
編成時期も重なったため、夫婦にとって新しい経験となり、乗り越えなければならない時期だった。
子どもたちと一緒にいる時間が減り、心配なことも多かった。
僕自身は撮影がほとんど終わり、妻(イ・ボヨン)が出演した【Mine】の撮影が終わった後で互いを労った。
できる限り仕事を頑張りたいと思っており、夫婦で応援し合っている。

 

【悪魔判事】あらすじ

チソン主演【悪魔判事】

仮想のディストピアの韓国を背景に全国民が参加するライブ法廷ショーを通じて正義に対するメッセージを投げかける。
「混乱の時代に登場した悪魔判事カン・ヨハン(チソン)は、皆の英雄なのか、それとも裁判官の仮面をかぶった悪魔なのか」
という質問を視聴者に抱かせながら物語がスタートする。
2021年に新しい形の法廷ドラマを誕生させる。

今までにない形の法廷ドラマとあって、初回放送は全国平均5.6%とまずまずのスタートをきりました。
残念ながら、今回はNetflixでの同時配信はないようです。
日本でも早く視聴できるようになってほしいです。

 

あわせて読みたい