恋する韓流ドラマ

ネタバレ無しで韓国ドラマ・映画のオススメ話題作を紹介!

話題のドラマに出演。韓国俳優三人のちょっと変わったSNS活用

【mine(マイン)】のイ・ヒョヌク、【ヴィンチェンツォ】のグァク・ドンヨン、【アンダーカバー】のチ・ジニ

最近では、多くの俳優がSNSを利用してファンと交流しています。
その中でも、【mine(マイン)】のイ・ヒョヌク、【ヴィンチェンツォ】のグァク・ドンヨン、【アンダーカバー】のチ・ジニ。
3作品とも、2021年を代表する作品と言っても過言ではないほど話題になった作品です。
その作品に出演している年齢やキャラクターなど、それぞれ違う性質の三人の俳優。
でも、一つだけ共通する点があるんです。
それは、他とは違う自分だけの方法でSNSを活用していることです。
どのように活用しているか見てみましょう。

 

実はギャグキャラ
【mine(マイン)】イ・ヒョヌク

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 이현욱 (@wook0617)

www.instagram.com
訳)ドラマを見てくれてありがとう!評価は(*^^*)長生きしようと思います。欠点は、母と連絡が取れないということ。ママ、置いて行かないで!

今、最も話題を集めているドラマ【mine(マイン)】でヒョンウォン家の次男ハン・ジヨンを演じているイ・ヒョヌク。

ドラマ【mine(マイン)】では、紳士的で甘いルックスの裏に隠された不倫や暴力的な姿などが、話数を重ねるごとに暴かれていく展開。
視聴者からは『不倫男』や『ゴミ』など、ひどい呼ばれかたをされる始末。

しかし、インスタではドラマとは全く違う親しみある『ギャグキャラ』で、ファンたちの注目を集めています。

撮影現場や日常の写真とともに、遊び心満載の自虐コメントをアップしています。
『明日はどれだけ沢山の悪口を言われるのかな…』
『監督が言っていた通りゴミになります。イェーイ!』
『お母さん、僕を捨てないで』
などなど。
いずれも憎めない魅力にあふれています。
おかげで、毎週末マインを見終わった後、ドラマのジヨンに対する怒りをイ・ヒョヌクのインスタを見て癒す人が増えているとか。

 

リプライマン
【ヴィンチェンツォ】クァク・ドンヨン

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 곽동연 (@kwakdongyeon0)

www.instagram.com

ヴィンチェンツォで知名度をさらに上げたクァク・ドンヨン。
韓国俳優の中で一番SNSを活用しているのは誰かと言えば、それは断然ドンヨンでしょう。

クァク・ドンヨンは『なんでも聞いてください!』と、ファンとインスタを通して気兼ねなくやり取りしています。
それは、演技力が増し大物俳優の一員になった今も続いています。

f:id:kanegon_blog:20210622153108j:plain
ファン:韓国のファンはいつでもあなたを告訴する準備が整いました
ドンヨン:なんでそんな準備してるの~~

特にインスタグラムのストーリー機能を活用して、ファンの質問に直接手書きで返信をつけてくれるのが特徴。
加えて、自分が言及されているツィーターに小まめに『リプライマン』とコメントを残すことを忘れません。
おかげで、ツイッターでリアルタイムトレンド1位の栄誉に輝いたことがあります。
このようにクァク・ドンヨンはSNSを通して他愛ないやり取りをすることで、ファンを魅了していることは間違いありません。

 

通勤自撮り王
【アンダーカバー】チ・ジニ

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 지진희/ Ji Jinhee (@actor_jijinhee)

www.instagram.com

好評のうちに最終回を迎えたドラマ【アンダーカバー】。
長い間、正体を隠して生きてきた国家安全企画部のエージェント、ハン・ジョンヒョンを演じ話題を集めたチ・ジニ。
彼のこれまでの出演作品を見てもシリアスで真面目な役が多いですが、チ・ジニの性格も役柄そのままのようです。
そんな彼の素顔を垣間見ることができるインスタ。
同じアングルで撮られた自撮り写真が並びます。
でも、よく見ると照明や髪型など細部に違いがあるのが分かります。

f:id:kanegon_blog:20210622153622j:plain

彼がインスタに自撮り写真を上げ始めたのは2016年3月。
「少しずつコミュニケーションをしよう思います。
皆さんが満足することはないかもしれませんが、頑張ってみるつもりです。」
と、真面目なコメントとともに始めたインスタ。
慣れないながらも、ファンとの交流のために最善を尽くしたい。
そんな思いから今まで続けているのでしょう。
「絶望の中でも記録を忘れない最後の人類チ・ジニ」
と呼ばれるだけあって、彼の #出勤 #退勤 の自撮りアップは、今日も明日も続くでしょう。
これほどの粘り強さがあれば、ファンへと熱い想いも認めざるを得ません。

 

あわせて読みたい