恋する韓流ドラマ

ネタバレ無しで韓国ドラマ・映画のオススメ話題作を紹介!

韓国ドラマ【車輪】あらすじ・人物相関図・画像付きキャスト紹介

愛する人を守るために信念を捨てるか、信念を守るために愛する人を捨てるか…
孤独の中、後悔のない答えに辿り着くことができるのか。
究極の選択を迫られ、もがく苦しむ大人のミステリージレンマドラマ【車輪】。

原題:트롤리(英題:Trolley)
演出:キム・ムンギョ
脚本:リュ・ボリ
エピソード:全16話
放送局:SBS(毎週月火曜 22:00~)
日本配信:Netflix(ネットフリックス)
配信開始:2022年12月19日

韓国ドラマ【車輪】
出典:SBS公式サイト

ドラマ【車輪】あらすじ・人物相関図・キャスト紹介

ドラマ【車輪】企画意図

倫理学に登場する『トロッコ問題』をご存じですか?

線路の上で働いている5人に向かってブレーキが故障したトロッコが猛スピードで近づいています。
そして、あなたはこのトロッコの進行方向を変えることができる分岐器の横に立っています。

トロッコがこのまま直進すると5人は死にます。
しかし、あなたがトロッコの進行方向を横線に変えれば5人は助かりますが、代わりに隣の線路で働いている1人が死ぬことになります。
あなたはトロッコの進行方向を変えますか?

さて、この難題を少し変えてみましょう。

トロッコがそのまま直進して走ると破壊されるのは
あなたが夢見てきた世界だとしたら。

そして、このとき隣の線路で働いている人が愛する人なら
または、あなたにとって変え難い信仰や信念なら...
あなたは長い間憧れてきた世界を守るためにトロッコの線路を変えますか?

きっとあなたは、代わりに誰かに選んでほしい
分岐器の取っ手を置いて逃げてしまいたいと思うかもしれません。

このドラマは、正解のない選択を迫られた時、逃げることなく孤独と恐怖の中で『選択』する瞬間を描いています。

 

ドラマ【車輪】あらすじ

突然の悲劇がもたらした平穏な日常の終わり。
世間の注目を浴びるようになった政治家の妻は、家族の秘密、そして自らのつらい過去に向き合うことを余儀なくされる。

 

ドラマ【車輪】人物相関図

韓国ドラマ【車輪】人物相関図
出典:SBS公式サイト

 

ドラマ【車輪】キャスト

キム・ヒョンジュ(キム・へジュ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|キム・ヒョンジュ(キム・へジュ役)
出典:SBS公式サイト

ジュンドの妻で破れた本を直す本修理家。
再選国会議員の妻だが、今まで選挙運動期間を含め、表に立つことは一切なかった。

奉仕活動を通して出会ったジュンドと恋に落ちたが、平凡な人生を望んでいたヘジュにとって、彼が持つ政治家への夢はとても負担だった。
しかし、ヘジュはジュンドを愛し、結局彼を選んだ。
親を知らずに育ったヘジュにとって、ジュンドは初めてできた家族であり、同時に自分が選んだ家族だった。

8年前、ジュンドが国会議員比例代表候補指名を受けた。
いつかは起こるかもしれないことだと漠然と考えていたが、いざ現実になるとヘジュはしばし呆然とした。
しかし、ジュンドがなぜ政治家に執着するのかを知るヘジュは、ジュンドの意思を尊重した。
ただ、自分は政治家ナム・ジュンドの妻として決して表には立たないという条件付きで。

比例代表で始まったジュンドは地区選出選挙で再選し、次は三選目を狙う総選挙が控えている。
しかし、ヘジュの静かな人生を守るという約束はこれまで守られてきた。
だから、ジュンドが国会議員になっても、ヘジュが抱いていた漠然とした恐れも今では薄れていた。

しかし、予期せぬ事件が起こり、ヘジュが世間に晒され、彼女がずっと抱えていた秘密が揺り起こされていく。

ヘジュは考える。
政治家を夢見る男と結婚したことが間違いだったのだろうか。
それとも、あなたを愛してはいけなかったのか。
しかし、一つだけ確かなことは、今後何が起きても私はこの男を愛したことを後悔しない。

 

パク・ヒスン(ナム・ジュンド役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|パク・ヒスン(ナム・ジュンド役)
出典:SBS公式サイト

へジュの夫で国会議員。
司法研修院修了後、自分が育った近所に小さな弁護士事務所を開いた。
弱者たちを弁護し、寄付と奉仕をしている時にヘジュと出会った。
しかし、静かな人生を望んだヘジュは、ジュンドの政治への夢に大きな不安と拒否感を見せた。
だからジュンドは約束した。
いつか私が政治家になったとしても、あなたの人生の平穏は守ると。
配偶者が対外活動をしないことが政治家を目指す自分にどれだけ大きな弱点かは分かっていたが、ジュンドはそれだけヘジュを愛していた。

世界をより良い場所にするという決意の下、8年前大韓党の比例代表候補指名を受けて初めて国会に入った。
その後総選挙では自分が生まれ育ったソウルで、最も経済的に落ち込んだ地域の一つであるソウル新陽区に出馬し当選した。
比例出身には相当難しいと言われる地区選出での再選だった。
そして今、三選がかかっている次の総選挙が半年先に控えている。

政治家になる前もそうだったように、いつも弱者を代弁しようと心がけている。
彼が発議した法案は、しばしば既得権層を守る国会議員の激しい反対にあった。
しかし、ジュンドの地道な活動により、彼の名前は地区を越えて全国区に知られることとなった。

国会議員として過ごした7年半の間、ジュンドはヘジュとの約束を守るために最善を尽くしてきた。
普段から地方区の票固めをするどころか、選挙運動の時でさえも姿を現さないヘジュへの非難はすべて自分が矢面に立った。
愛する妻との約束を守ることがジュンドにとっては何よりも重要だった。
そんなある日、想像すらしていなかったヘジュの秘密が明らかになった。

 

キム・ムヨル(チャン・ウジェ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|キム・ムヨル(チャン・ウジェ役)
出典:SBS公式サイト

ジュンドの上級補佐官。
ジュンドが最も信頼する人物であり、ジュンドを最も信頼する人物も(ヘジュを除けば)ウジェだろう。

放送局社会部記者の新入社員時代に弁護士のジュンドを知り、自分は世の中を変えられなくてもこの人ならできると思った。
そしてジュンドが初めて比例代表として当選した時、放送局を離れて汝矣島に来た。
今は首席補佐官としてジュンドとほぼすべての時間を共にしている。

ジュンドには政治キャリアを全力でサポートしてくれる配偶者が必要だと思っている。
これは性差の話ではなく、政治家の配偶者という特殊な状況の話だ。
だからヘジュが気に入らない。
普段から地方区の票固めをするどころか、選挙運動の時でさえも姿を現さない配偶者など。
ジュンドに他に大きな不満はないが、この点においてジュンドがヘジュを説得できなかったことだけは不満だ。

しかし、私がジュンドを選んだのは最高の選択だった。
これからも最高の選択になるだろう。
私は必ずそうしてみせる。

だから今こそ判断して欲しい。
議員が夢見る世界と奥様、どちらか一つしか持てないとしたらどちらを選択しますか?

 

チョン・スビン(キム・スビン役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|チョン・スビン(キム・スビン役)
出典:SBS公式サイト

幼い頃、両親が離婚してグループホームで暮らした。
高校中退後、グループホームを出て様々な友達と暮らして予期せぬことを経験することになる。

 

ヘジュの家族

ソ・ジョンヨン(ヒョン・ヨジン役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|ソ・ジョンヨン(ヒョン・ヨジン役)
出典:SBS公式サイト

ジュンドと幼い頃、同じ町で育った姉のような人物。
ジュンドとヘジュの頼みでジュンドの母が生前営んでいた小さな刀麺屋を買い取って社長になった。
その後、妊娠と子育てで大変だったヘジュの頼みでジュンドとヘジュの家で一緒に暮らすことになった。
今では、ヘジュと本当の姉妹のような仲だ。
特に病気ではないが体が弱いので、刀麺屋は客の多いランチまでだけ働いている。

 

チェ・ミョンビン(ナム・ユンソ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|チェ・ミョンビン(ナム・ユンソ役)
出典:SBS公式サイト

ヘジュとジュンドの娘で中学校2年生。
学校の成績は最上位クラスの優等生。
父が国会議員だからと言って良い点は一つもなく、むしろ母の厳しい取り締まりが迷惑なだけ。
周りには父が国会議員だと言えずにいる。

 

ジュンドの補佐陣

ユン・サボン(キム・キンナ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|ユン・サボン(キム・キンナ役)
出典:SBS公式サイト

汝矣島議員室
5級秘書官で社会的弱者と少数者政策に興味がある。
国会任期のたびに本人の所信と議員の政策に沿って部屋を運ぶ。
言い換えれば、議員からスカウトされ続ける能力者だ。
ジュンドの議員室には今回の任期で合流した。
ジュンドの補佐陣のうち唯一の既婚者。

 

チョン・スンウォン(コ・ミンソク役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|チョン・スンウォン(コ・ミンソク役)
出典:SBS公式サイト

汝矣島議員室
5級秘書官。
NGOで働き、6級秘書として初めて汝矣島生活を始めた。
その後、辞職後にNGOで再び働き始めたが、党員活動を着実にするジュンドにスカウトされ、去る総選挙活動を一緒に走りきり、ジュンドの当選と共に再び汝矣島に復帰した。

 

(チェ・ ジャヨン役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|(チェ・ ジャヨン役)
出典:SBS公式サイト

汝矣島議員室
6級秘書。
行政大学院で出会った先輩の紹介で7年半前ジュンドの9級行政秘書に採用され、汝矣島生活を始めた。
今回の任期で6級秘書に昇進した。

 

(パク・ ドゥソプ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|(パク・ ドゥソプ役)
出典:SBS公式サイト

汝矣島議員室
7級遂行運転秘書。
今まで様々な議員たちの遂行秘書を務めてきたが、権威的な議員たちとは違い、ジュンドとは様々な意義ある会話をやりとりすることができる。

 

イ・チャンウォン(イ・ガンホ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|イ・チャンウォン(イ・ガンホ役)
出典:SBS公式サイト

汝矣島議員室
汝矣島議員室の末っ子。
国会で数少ない男性行政秘書。
基本的な秘書業務に加え、オフィス管理とジュンドの日程管理、領収書処理を担当している。
いろいろな話が交わされる秘書たちの会話の中から時々使える情報を持ち帰る。

 

イ・ヤンヒ(ユ・ウンギュ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|イ・ヤンヒ(ユ・ウンギュ役)
出典:SBS公式サイト

地域事務所
ソウル新陽区支庁洞にあるジュンドの地域事務所に常勤する地域補佐官。
ヘジュの代わりにいつも地域区の票を固めている張本人だから、対外活動をしないヘジュに対する不満が大きい。

 

チュ・スンミン(イ・ソンフン役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|チュ・スンミン(イ・ソンフン役)
出典:SBS公式サイト

地域事務所
地域事務所に常勤の秘書。
ジュンドの最後の総選挙活動にボランティアとして加わり、当選後、地域事務所8級秘書に採用された。

 

シン・チェヨン(チョ・ヨンウ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|シン・チェヨン(チョ・ヨンウ役)
出典:SBS公式サイト

地域事務所
1年半前に採用されたインターン秘書。
最初の1年間は汝矣島で働いていたが、現在は地域事務所で働いている。
政治の世界での経験もキャリアも短いので、目新しく慣れないことが多い。

 

霊山の人々

リュ・ヒョンギョン(チン・スンヒ役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|リュ・ヒョンギョン(チン・スンヒ役)
出典:SBS公式サイト

ヘジュの高校の同級生でギヨンの妻。
3年前一人でカナダへ語学留学に行き最近帰国した。
長い間音信が途絶えていたヘジュの近況を偶然知ることになる。

 

キ・テヨン(チェ・ギヨン)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|キ・テヨン(チェ・ギヨン)
出典:SBS公式サイト

スンヒの夫。
スンヒ、ヘジュと霊山の同じ高校を出た。
大学進学後、両親とオーストラリアに移り住み、数年前に帰国し、偶然再会したスンヒと結婚した。
現在、霊山でゴルフレッスン場を運営している。

 

ギル・ヘヨン(イ・ユシン役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|ギル・ヘヨン(イ・ユシン役)
出典:SBS公式サイト

スンヒの母親。
5選国会議員カン・スンホンの義理の姉。
所有する代々受け継いだ土地に執着している。

 

国会の人々

キム ・ミギョン(ウ・ジンソク役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|キム ・ミギョン(ウ・ジンソク役)
出典:SBS公式サイト

裁判官出身の大韓党党代表。
8年前、弁護士のジュンドを抜擢して比例代表として推薦した張本人。
大韓党の総選挙候補者のうち、ジュンドの選挙戦遊説先に最も頻繁に姿を現すなどジュンドに惜しみない支援を続ける。

 

チャン・グァン(カン・スンホン役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|チャン・グァン(カン・スンホン役)
出典:SBS公式サイト

5選目の保国保民党最高委員。
忠北領山の重要人物である妻の実家の支援で政界に進出できたため、妻の実家に多大な便宜を図ってきた。
国会国土委で入手した領山の土地開発計画を妻の実家に流したところ、これに対してジュンドが土地投機疑惑を追及してきた。

 

その他の人々

(チョ ・ギスン役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|(チョ ・ギスン役)
出典:SBS公式サイト

ヘジュの近所にある製油所の店主。
有名議員が訪れた日、 ギスンは70年生きてきたものと全く違う人生を生きることに決める。

 

カン・ジウ(クォン・ダソム役)

韓国ドラマ【車輪】キャスト|カン・ジウ(クォン・ダソム役)
出典:SBS公式サイト

ユンソの最も親しい友人。
ユンソとはどんな些細なことまで互いのすべてを共有する間柄だった。
しかし、ユンソにも言えない秘密ができてしまう。