恋する韓流ドラマ

ネタバレ無しで韓国ドラマ・映画のオススメ話題作を紹介!

韓国ドラマ【未成年裁判】キャスト紹介と見るべき3つの理由

2022年2月25日から配信がスタートしたNetflixオリジナルドラマ【未成年裁判】。

『少年保護事件』『触法(しょくほう)少年』など聞き慣れない言葉が多く登場するし、重そうな内容だな。。。
と思いますよね。その通りです。

『触法少年』とは、事件を起こした時点で満10歳以上満14歳未満の刑事能力を有しない犯罪者の事で「罪を犯した事にならない少年」という意味。

未成年裁判は、あくまで被告人を処罰するのではなく、更生させて健全な成長を促すことを目的にしているためです。

しかし、残忍な殺人事件が起きるたびに、法改正、厳罰化が取りざたされるデリケートなこの問題。

本作は、どちらか一方に肩入れした視点ではなく、視聴者に現実を突きつけ、考えさせる作品となっています。

演出:ホン・ジョンミン
脚本:キム・ミンソク
放送開始:2022年2月25日〜
エピソード数:全10話

韓国ドラマ【未成年裁判】
出演:Netflix公式サイト

【未成年裁判】キャスト紹介と見るべき理由

キャスト

キム・ヘス(右陪席判事|シム・ウンソク役)

韓国ドラマ【未成年裁判】キャスト|キム・ヘス(右陪席判事|シム・ウンソク役)
出演:Netflix公式サイト

法廷では、被害者やその家族はもちろん、同僚や上司に対しても一切の同情や妥協をしない、鉄のような人物。
更生したとされる少年少女でさえも、まるで信用せず疑ってかかる。
そんな、非行少年に対する憎しみは、どこからきているのか?
笑顔を一切見せない彼女の胸の内には、どんな闇が隠されているのか?

 

キム・ムヨル(左陪席判事|チャ・テジュ役)

韓国ドラマ【未成年裁判】キャスト|キム・ムヨル(左陪席判事|チャ・テジュ役)
出演:Netflix公式サイト

ウンソクとは対照的に、更生した少年少女に親身になり、信頼関係を築く優しい人物。
非行を続ける少年少女に対しても、非行少年を憎むウンソクに対しても、常に柔らかい物腰を崩さない。
そこには、強い信念さえも感じる。

 

イ・ソンミン(部長判事|カン・ウォンジュン役)

韓国ドラマ【未成年裁判】キャスト|イ・ソンミン(部長判事|カン・ウォンジュン役)
出演:Netflix公式サイト

自由党の補欠選挙の有力候補に名を連ねる人物。
少年法廃止への議論が加熱する中、何としても事件を丸く収めたい思惑が見え隠れする。
私利私欲に駆られ、裁判所内での権力争いや、事件と真摯に立ち向かうウンソクらと対立が絶えない。

 

見るべき理由

なんと言ってもキム・ヘス

【シグナル】【ハイエナー弁護士たちの生存ゲームー】などに出演し、2021年にデビュー35周年を迎えたベテラン女優のキム・ヘス。

彼女が選んだ作品なら間違いない。
そう思わせる数少ない俳優の一人です。
台本に書かれた役を、卓越した演技力でより魅力的なキャラクターにしてしまうのはもちろんのこと。
彼女の出演した作品すべてが、リアルであり、共演者たちをも巻き込んで視聴者を惹きつけたことで好評を得ているのです。
仕事に対する責任感は相当なものだと有名なキム・ヘス。
しかも、今回選んだのは自身初めてとなる検事役。
それも、少年犯を憎んでいるという、他に類を見ない役柄だけに、期待値は否が応でも上がってしまいます。

 

徹底した中立性

満14歳未満の少年少女の犯罪は裁くことができない。
いわゆる触法少年は、現代社会において非常にデリケートな問題。
恐ろしい少年犯罪が報道されるたびに、激しい議論を呼ぶ問題です。
脚本を書いたキム・ミンソクは、直接現場の声を聞き、4年という歳月をかけて本作に取り組んだそうです。
「罪を犯せば罰を受けなければならない。」
「更生の機会を与えなければならない。」
こうした対局の意見がある中、彼はどちらか一方に偏ったメッセージではなく、視聴者が感じて悩み、考えて欲しいと思ったそうです。

 

見たことのない顔、見たことのない演技

ストーリーの中心にある少年犯罪。
エピソードごとに登場する少年犯は、劣悪な家庭環境などそれぞれの事情持っています。
そんな複雑な心境を完璧に演じる若手俳優は、視聴者にとって馴染みのない顔ばかり。

しかし、よく見ると。。。
第一話に登場する小学生殺害事件の加害者ソンウを演じたイ・ヨンは、【D.P.-脱走兵追跡官-】でチョン・ヘインが演じる主人公の妹スジンを演じた、1995年生まれの27歳。
本作ではなんと13歳の変声期を迎える前の少年を演じており、言われなければ本当に13歳ぐらいの少年に見えてしまいます。

外見的な役作りだけでなく、笑顔で供述をする狂気的な迫真の演技に注目です。

キム・ヘスも撮影所で少年犯役を演じた俳優たちの演技を見るたびに、いつも驚きを禁じられなかっそうです。

 

あわせて読みたい