恋する韓流ドラマ

ネタバレ無しで韓国ドラマ・映画のオススメ話題作を紹介!

韓国映画【ときめきプリンセス婚活記】真実の愛を探すハートウォーム ラブコメ

2018年 |1時間50分

キャスト

シム・ウンギョン(ソンファ役)
イ・スンギ(ソ・ドユン役)
ヨン・ウジン(ユン・シギョン役)
ミンホ(ソ・ガユン役)

f:id:kanegon_blog:20210506102512j:image

あらすじ

英祖 29年(1753年)、深刻な干ばつに苦しむ民を救う為、王(キム・サンギョン)は様々な策を尽くしていた。
しかし、一向に雨は降らず、飢えに苦しむ民を見て、困り果てた王は占術に頼ることにする。
占い師が言うには、陰陽の均衡の崩れが干ばつをもたらしている。
元通りにするためには、婚期を迎えた悲運な娘・ソンファ姫(シム・ウンギョン)と最高の相性を持つ男性を婿として迎え入れ、婚礼を執り行えば干ばつは解消されるとのこと。

早速、国中から花婿候補が集められ、最終候補が4人にまで絞り込まれた。
姫に相応しい婿を見つける為に、朝鮮最高の監察官(占い師)ソ・ドユン(イ・スンギ)が抜擢され、一大婚活プロジェクトが始動する。

f:id:kanegon_blog:20210506102619j:image

しかし、占いによって婿が選ばれることに
「見ず知らずの男性と結婚するわけにはいかない」
と思い立ったソンファ姫は、4人の花婿候補を自分の目で確かめようとお忍びで町へ繰り出すことに…。

f:id:kanegon_blog:20210506102554j:image
カリスマ占い師演じるイ・スンギと、悲運な姫演じるジム・ウンギョンの恋愛模様を描いた韓国の時代劇ラブコメディ

 

感想

歴史や人物など知らなくても楽しめる、韓国時代劇ドラマ初心者にオススメの本作【ときめきプリンセス婚活記】。

観相師-かんそうし-』に続く"占いムービー"と呼ばれ、韓国興行ランキング7日連続1位を記録する大ヒットとなりました。

朝鮮最高の占い師演じるイ・スンギのアクションシーンも満載です。

シム・ウンギョンが演じる姫は、幼いころから占いに翻弄され、孤独な幼少期を強いられてきました。

その割には、心のまっすぐな女性に成長してますね。

でも、結婚相手まで占いで決められてしまうとなっては黙っていられなかったのでしょう。

結婚を夢見て意気揚々と城を抜け出し、身分を隠し4人の花婿候補に会いに行きます。

ところが、最初の花婿候補はなんと食欲旺盛なポッチャリした男の子!
いきなり出鼻をくじかれる姫。

次こそは!と婿探しの冒険を続けるのですが、危険な目にあい窮地に!
そこに現れるのはイ・スンギ演じる占い師のソ・ドユン。
占い師なのになぜか強いです。
悪者をバッサバッサとやっつけちゃいます。

そんな危ない目にあっても花婿候補に会うことを諦めない姫を一人にもできず、姫に同行することになったソ・ドユン。
そして、二人は距離を縮めていき…。と、なんとも分かりやすい展開です。

ストーリーの他にも、脇を固めるイケメンたちに注目です。

 

人気アーティストグループSHINeeのミンホはソ・ドユンの盲目の弟ソ・ガユンを演じています。
難しい役どころですが、出番が少ないのが残念です。

f:id:kanegon_blog:20210506102531j:image

 

人気バンドCNBLUE(シーエヌブルー)のメンバー カン・ミンヒョクは花婿候補の一人で、女性たちの心を虜にするプレイボーイの美男子カン・フィ役を演じています。

f:id:kanegon_blog:20210602142549j:image

 

ヨン・ウジンはソ・ドユンの従兄弟であり、花婿最有力候補ユン・シギョンを演じています。

彼の企みにより、後にソ・ドユンが窮地に追い込まれるのですが…。

f:id:kanegon_blog:20210506102541j:image

期待を裏切らないシンプルなストーリー展開に物足りなさを感じたりもしますが、次に何を見るか決められないときに、サラッと見るには丁度いい後味の良い作品です。

 

関連記事